【コスパ最強】振るだけでナノバブルが作れるボトル公式限定販売

専業主婦に「ロボット掃除機は必要なのか」を考える

専業主婦にロボット掃除機は必要なのかを考える

専業主婦にロボット掃除機は必要なのか?

私はこの質問に違和感を感じます。それは、家事に費やす時間はみんな違うからです。

専業主婦でも家事をがっつりする人もいれば、さぼる人もいます。働いている主婦でもがっつりする人もいれば、さぼる人もいます。

子供が障害児で家にいないといけないのかもしれません。家族の介護が必要なのかもしれません。

反対にだらだら過ごしているだけなのかもしれません。

一人暮らしの方なんかは分かりやすいですよね。同じ条件でも掃除をやる人とやらない人に分かれます。

つまり何が言いたいのかというと、「誰が」に注目するのではなく「家事の現状」に目を向けることが重要だと思うのです

この記事を書いた人
母
わかったさん
  • 家事を減らすのではなく、自分がやる家事を減らすことを常に考えています。
  • 一日の中に余白時間を作ることが目標です。
  • 専業主婦歴12年
この記事を書いた人
母
わかったさん
  • 家事を減らすのではなく、自分がやる家事を減らすことを常に考えています。
  • 一日の中に余白時間を作ることが目標です。
  • 専業主婦歴12年
読みたい内容をタップ

ロボット掃除機が必要なのか今の現状に目を向ける

とてもシンプルに考えます。

なぜロボット掃除機が必要なのか?

なぜロボット掃除機が必要だと思ったのかを考えます。

例えば

  • 掃除機をかける時間を確保するのが難しいから。
    (子供が生まれて、なかなか家のことに手が回らない)
    (正社員、またはパートに行く予定)など
  • パートナーが協力してくれないから。
  • 家事時間を減らしたいから。
  • 少しは手を抜きたいから。

今の家事の現状はどうか?

次に、今の家事の現状を考えます。

例えば

  • 家の中がぐちゃぐちゃ。
  • 家はキレイだけど、家事をしすぎている。
  • 週1回の掃除機をかけるのが精一杯。
  • 休みの日に一気にまとめてやっている。

など

ロボット掃除機との相性はよいか?

最後に、ロボット掃除機の特性が今の家事の現状にマッチするかを考えます。

例えば

  • 床に物が散乱している場合は、ロボット掃除機のメリットを活かせない。

    床に散乱しているものをどかす方が労力がかかってしまうため。
  • 家がキレイな場合は、ロボット掃除機のメリットを活かせる。

    家事負担が減らせる。
  • 週一回の掃除機をかけるのが精一杯の場合は、ロボット掃除機のメリットを活かせる。

    毎日掃除機がかけられる。
  • 休みの日に一気にまとめてやっている場合は、ロボット掃除機のメリットを活かせる。

    一気にまとめてやらなくても小分けしてできるようになる。

たった3つのことを考えてみるだけ

まとめると、以下のことを照らし合わせて考えると本当に必要なのかがみえてきます。

  • ロボット掃除機が欲しいと思った動機
  • 家事の現状
  • ロボット掃除機との相性

「誰が」に目を向けると、ややこしくなるのです。家事の現状ではなく「人」にフォーカスされてしまうからです。

「人」にフォーカスをしてしまうと、自己嫌悪に陥ったりパートナーのことが嫌になる可能性もでてきます。

シンプルに考えればいいんです

結論|専業主婦にロボット掃除機は必要

専業主婦にロボット掃除機は必要なのかを考えてみて「必要」だと私自身は感じています。

専業主婦の私が、実際にロボット掃除機を使って満足をしているからです。

3つのシンプルなことを考えてみる(私のパターン)

  • ロボット掃除機が欲しいと思った動機

    掃除機をかけすぎている。
    かけないと気がすまない自分に疲れと苛立ちがあった。
  • 家事の現状

    一日の家事時間が多い。
  • ロボット掃除機との相性

    必要最低限の物しか床にはないし、段差のない家なので相性がよい。
    掃除機をかける負担が減る。

ロボット掃除機を取り入れることで、精神的にも身体的にもプラスになると答えを出せました。

あとは、家の構造に合ったロボット掃除機探しを頑張りましたよ。

おまけ|専業主婦が目につけたロボット掃除機

ロボット掃除機をかなり調べまくりました。初めて利用するので、サイズの大きいものや高額なものは省きました。

そこで、私が目につけたロボット掃除機は「SwitchBot(スイッチボット)K10+」です。

悩んで調べて測って、また悩んで調べて測ってを繰り返しながら「これしかない!」と確信がもてた商品です。

【超コンパクト】小回りがきくSwitchBot(スイッチボット)K10+

SwitchBot(スイッチボット)K10+ の最大の魅力は、直径24.8cmと世界最小級のサイズ感であることです。狭い場所もスイスイ掃除できるのです。

ロボット掃除機を利用するなら、部屋の隅々まで掃除できるものでないと納得がいきません。

隅々まで掃除できないロボット掃除機なら、自分で掃除機をかけた方がよっぽど楽だと思うんですよね。

だって、掃除できていない部分を後から自分でやるはめになるのですから。

こまったさん

逆効果になっちゃうかもね。

SwitchBot(スイッチボット)K10+を使ってみてのレビュー記事があります。【世界最小級】ロボット掃除機が気になる方はご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こまったさん

読みたい内容をタップ